すぐに行ってみよう

Take medicines

日本中の国民病のなかでも多いのが睡眠障害と言われています。睡眠の悩みを持っている人はとても多く、なかなか相談できない人が多くいます。睡眠は一日の生活を快適に過ごすためにとても重要なことで、睡眠不足が続くと心身の不調に繋がります。ですから、睡眠に関しての悩みがあったら、かかりつけの医師に相談することをお勧めします。一般な内科でも睡眠薬を処方してくれます。睡眠薬といっても種類が多く効果の出方が人によって違ってきます。薬を処方されたら、毎日しっかり飲んで自分にあっているか確認しながら治療します。内科で出される睡眠薬には、制限がある為効果が期待できない人も多くいます。そんな時は、心療内科や精神科など専門の医師の下で相談することで解決できます。大きな病院では、睡眠外来もありますので気軽に相談することが解決の近道です。

近くに心療内科や精神科がある地域では、睡眠の質を高めるための多くの種類の睡眠薬を試すことができます。睡眠といっても悩みは人それぞれです。寝つきが悪い人や夜中に何度も目が覚めて熟睡できない人や朝方早くに目が覚めてしまって、それから眠れない人など、いろいろなタイプの睡眠の悩みがあります。専門の医師に相談することで、さまざまな睡眠の悩みのタイプにあった睡眠薬を処方してくれます。睡眠薬を飲むと依存性を心配したり、薬の量を増やさないと眠れなくなるのではと心配して飲む事をやめてしまう人がいますが、最近の睡眠薬は依存性も少ないので安心して飲む事ができます。しっかりと薬を飲んで、まずはしっかりとした睡眠を取り戻すことが先決です。生活のリズムが安定してきたら、少しずつ薬を減らしていけば良いのです。